UrDoc Blog

Borderless Healthcare, Our Mission. 医療×テクノロジーで医療のボーダレス化の実現をめざします。

『解体新書』— 江戸時代に「医療のボーダレス化」をめざしたプロジェクトの話

urdoc_解体新書_01

 UrDocが掲げる「医療のボーダレス化」をめぐって、チームメンバーで雑談していた時のこと。ふと「医療のボーダレス化に日本で最初に取り組んだのは?」という話題になりました。

顔を見合わせたメンバーがそれぞれに思い浮かべたのが『解体新書』です。

1774年夏。日本橋の本屋の店先で『解体新書』という翻訳本が売り出されました。

翻訳者は医師の杉田玄白、前野良沢、中川淳庵ら。底本はドイツ人医師クルムスによる解剖学書のオランダ語版で、通称「ターヘル・アナトミア」です。売り出した本屋は、平賀源内など個性派の本を扱うことで知られていました。

杉田玄白の回想録によると、「ターヘル・アナトミア」との出会いは偶然でした。

当時の日本は鎖国中。幕府のオランダ語通訳でさえ、本場の書物で勉強するのに許可が必要だった時代です。

玄白も洋書を目にする機会はありましたが、外国語がわからないので1文字も読むことができません。友人の平賀源内と顔を合わせては「こういう本を幕府の通訳が翻訳してくれたらなあ」と嘆く日々でした。

urdoc_解体新書_02

そんなある日、同僚の医師・中川淳庵から、オランダ使節に借りたという解剖学書を見せられます。文字は読めないものの、かつて見たどの本よりも精緻な図版の数々。これは実際に人体を解剖して描かれたものに違いない。

そうひらめいた玄白は、勤め先の小浜藩に購入費用をかけあって本を手に入れます。そして1771年、小塚原刑場で死刑囚の遺体解剖が行われると聞くと、この本を懐に入れて見学に向かいました。

この時の同行者の一人が前野良沢でした。そしてなんと、待ち合わせに現れた良沢が手にしていたのも「ターヘル・アナトミア」だったのです。聞けば、前の年に語学留学をした長崎で手に入れたのだとか。

偶然に驚きながら解剖を見学する二人は、さらに驚きます。「ターヘル・アナトミア」の解剖図と目の前の人体の、なんとそっくりなことか。いままで自分は、人体の正確な構造も知らずに医者の仕事をしてきたのか。この本を自分たちの言語で読むことができたら......。

urdoc_解体新書_03

西洋科学書を翻訳するという、日本初のプロジェクトが誕生した瞬間でした。辞書もない中、わずかにオランダ語を知る良沢をリーダーにして、苦難に満ちた翻訳作業が始まったのです。

2017年夏。東京のとあるオフィスで、新たなプロジェクトのキックオフミーティングが行われていました。異国の地でも、自分の言語でお医者さんにつながるサービスができないだろうか......。

この時生まれたUrDocは、明日8/21、いよいよ正式にスタートします。

 

画像:国立国会図書館デジタルコレクションより

参考:『蘭学事始』(杉田玄白著、緒方富雄校注、岩波文庫、1982年)、 『医学の歴史』(梶田昭著、講談社学術文庫、2003年) 、『蘭学事始ほか 杉田玄白』(芳賀徹・緒方富雄・楢林忠男訳、中公クラシックス、2004年)

 

◇ ◇ ◇

UrDocからのお知らせ

あなたの言語のお医者さん — 日本初の多言語医療相談サービス「UrDoc」8/21サービスースタート!

www.ur-doc.com