UrDoc Blog

オンライン医療相談「ユアドク」公式ブログです。日々の活動をお届けします。

【ASACを修了・卒業しました!】

 

ASAC第9期を修了、卒業しました!

はじめに

ASACとは?

Aoyama Startup Accelaration Center(青山スタートアップアクセラレーションセンター)のことで、以下に該当するような創業〜シードステージのスタートアップを東京都が支援する、約半年に渡るハンズオン型のプログラムとなります。

  • 都の政策課題に関連する分野(成長産業)

  • VCが投資しにくい分野(ものづくり、環境エネルギー、ソーシャルなど)

  • その他分野を問わず起業を予定している方で、各種ビジネスプランコンテスト等を受賞した優秀な事業計画を有するもの

    acceleration.tokyo.jp

何を学び身につけのか?
  • 資金調達(エクイティ、デット)と資本政策

  • PMFを達成するための「戦略的泥臭さ」

  • 人材採用

  • 組織構築

  • セールス

  • マーケティング

  • PR(広報)

  • 知的財産戦略

  • 結果を出し続けている素晴らしい同期の存在

なぜ参加したのか?

2017年にUrDocを始めてから、良いことも悪いこと色々ありました。株式会社サーティーフォーの一部門として立ち上げてから約2年、悩み抜いた結果、UrDocを2019年10月に株式会社UrDoc LIFE & TECHNOLOGYとして会社化しました。日本の医療の国際化を解決したい、という思いはUrDocの原点ですが、会社化の理由はただ一つでした。それは、「このままではいけない、UrDocを通して最強の経営人材とならなければならない」という危機感に近い想いからでした。会社経営を通して多面的、俯瞰してビジネスできる人材にならなければ、と日々焦燥感をも感じていました。

そのような中、試行錯誤していたところ、周囲から良い評判を聞いていた東京都主催の青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)の募集を目にして応募することを秒で決めました。
今回の投稿は、約半年に渡りUrDocのために徹底的に伴走してくれたASACのアクセラレーターとメンター、ユアドクに関わってくれた全ての方に感謝を込めて、時系列に想いを綴りお届けしたいと思います。
少し長くなりますが、それほど想いが詰まっているということでどうかご了承くださいm(_ _)m

 
応募〜ASAC第9期採用決定まで

徹底して成長機会を与える支援ベンチャーをしっかりと吟味されているのだと感じるほど、熱量のある審査。私の場合は、「書類選考→オンライン審査→対面ピッチ(プレゼン)」審査過程が一つ一つ大きな階段に思えました。対面審査会では、事業ブレストとも言える建設的なアイデアが飛び交い、燃え滾る思いで全力を出し切って審査終了。
結果、審査合格を10月25日に東京都から受け取り興奮!(応募総数180社中採用決定10社の1社)

acceleration.tokyo.jp

 
ASACプログラム期間中

11月:プログラム開始  〜 テーマは「爆速!」〜

初回ミーティングは10月末に行われた。アクセラレーター(5ヶ月間伴走するチームメンバー)の事業理解と11月5日に行われるkickoff meetingイベントでのピッチ準備だ。
アクセラレーター(もはやメンター)が2名(も!)UrDocの担当に。主担当は相良さん、副担当は仲川さん。初回ミーティング時のことは今でも忘れない。お二人の自己紹介を聞き、医療そしてビジネスに対する思いとその実績に感銘を受ける。わずか1時間ちょっとの時間だったと思うが、相良さん、仲川さんとのディスカッションを通して、いかに自分が何も成し遂げていないかを知るには十分な時間だった。焦りとともに、これまでいかにぬるま湯に浸かっていたかを気づかされるような気持ちを持ったのを今でも鮮明に覚えている。
この時立てた、「顧客にぶっ刺さるプロダクトを作る!」(表現が乱暴ですみません...)という目標は、UrDoc Valueの一つ”User Oriented”とも共通していてこれからも大切にしていきたい言葉の一つ。
プログラム開始早々に感じたのは、「誰の、どんな課題を何で解決するのか」という解像度の低さ、戦略の甘さに愕然としたこと。以降、毎週のメンタリングセッションが始まり、想像以上(本当に想像以上です!!!)の徹底したハンズオン支援に驚きつつ、「何かが変わるかもしれない」という期待めいた感覚から、「ユアドクを爆速で成長させる!」と攻めの姿勢に変わった。

f:id:UrDocJapan:20200410013928j:plain

「ユーザーにぶっささるサービスの作り込み!」初回ミーティング with 相良さん&仲川さん

12月:ペルソナに対する解像度が高まる

ASACのハンズオンはさらに加速する。担当アクセラレーターの同僚外国人、その友人に対し、プロトタイプを見せてユーザーインタビューを実施。インタビューのノウハウや聞き手の心構えなど、当然だが「ただ傾聴すればいい」わけではないことを学ぶ。
改めてペルソナやユーザージャーニーの解像度を徹底的に上げる作業に入りつつ、マーケティングプランを考える。会社化前から2年以上共に戦ってきた高山もプログラムに参加しさらに加速度と疲労度(笑)が増して行く。「ASAC開始からもう1ヶ月以上経ってしまった」と、焦りプチスランプに陥る。同時に救急外来勤務の回数もピンチヒッターで増えていた時期でもあり、風邪をこじらせ2週間ほど停滞してしまう。そんな状況ではあったが、この時期はあえてゼロベースに立ち戻り考えられた重要で貴重な時間だったと思う。


2020年1月:外国人の生の声を聞こう 〜 突撃!羽田へGO!〜

高山、相良さん&仲川さんの合計4名で羽田空港へ行く。これまで多くの在住、訪日外国人の声を聞いてきたUrDocだったが空港突撃は実は初体験。若干緊張しながら、日本に降り立ったばかりの外国人に、2チームに分かれインタビューを開始。緊張が一瞬で消えさる想像以上の結果に全員で興奮。「誰のどんな課題をどう解決するか」の課題設定が改めて正しかったと実感する。手こずっていたプロダクト開発の支援も加わり、さらに手厚いメンタリングが並行して始まる。

サービス開発中ではあるものの、日本を訪れている外国人のオンライン医療相談をSNS経由でボランティア継続し、サービスの疑似体験を重ねて行く。

f:id:UrDocJapan:20200410012137j:plain
f:id:UrDocJapan:20200410011918j:plain
f:id:UrDocJapan:20200410012226j:plain
左:最初のインタビュー(緊張)中央:最強チームASAC!右:インタビュー終了!

2月:ユアドクが実現する世界の言語化作業

マーケティングプランを考えつつ事業計画、将来像について徹底議論。営業活動に向けたヒアリングにもASAC担当アクセラレーターに同行してもらうほど徹底した支援の質と量は増すばかりだ。
「ASACあと少ししかない!!」と焦りつつ、早速寂しさを覚える。悔いを残さないよう全力(爆速)で突き進み、気がつくと感じていたスランプはすでに過去の産物に。この頃より、メンタリング回数が月4回から月6回以上となり、オンラインメッセージによる支援も「豪速球のキャッチボールじゃないか」、というほどの熱量になる。
そんな中、1月から始まったプロダクトのマネジメント手法もチーム内に確立し始め、リリースまでの目処も定量的に見えるようになってくる。(これはコミットしてくれたエンジニアの三上さん、ASAC中村さんに本当に感謝しかありません。手前味噌ですが、弊社高山のgreat jobがあったからできた。改めて感謝。) 


3月:怒涛の1ヶ月

コロナの影響を受け多くのセミナーやプログラムが次々と中止、延期となるもオンラインでのサポートはさらに熱量を帯びていく。11月から始まったプログラムの総まとめの1ヶ月。火傷寸前なほど、思考と実行を繰り返し、フィードバックループを全力で回していく。
特に、3月26日のDemo Dayは成果発表ではなく、全力で事業を作り広げていく大事な場所。それまで以上に、夜も眠れないほど事業のことを考えるようになる。「潜在意識にまで透徹する」感覚がさらに一段階進んだように感じた。そのサポートをしてくれた担当アクセラレーターの相良さん、仲川さん、高山を筆頭とした弊社チームメンバー。ピッチデザインをbrush-up担当するUI/UXデザイナーの岩瀬さんも参加し、チーム一丸で突き進んでいる感覚に情熱はさらに燃え上がりピークに達した。


3月26日 Demo Day当日 (COVID-19によりLive配信Demo Day)

担当として開催前日までプロダクトのuser testingに協力してくれたASAC相良さん、仲川さん。
26日当日まで睡眠時間を削り全力を尽くしてくれたUI/UXデザイナーの岩瀬さん、早朝の緊急事態と発表直前の資料差し替えにも迅速対応してくれた弊社高山(本当感謝)、SNS経由でUrDocを応援、投票してくださった多くの友人や知人の応援をひしひしと感じながら、18時30分、オンラインDemo Day Live配信開始。5分間のピッチは熱い想いを全力で込めた。ピッチの最後には感極まり声が震えてしまう。
結果は、オーディエンス賞が同期のPiezo Sonicさん、Dip AI.アクセラレーターprizeはmymizuさんがそれぞれ手にされ、それ以外のスポンサー賞の3つをなんと、UrDocが受賞させていただきました。(AWS賞、GMO payment gateway賞、住友不動産賞)


......発表をやりきってぼんやりとしていたのもあり、実感がないままふと視線を相良さんに向けた時、プログラム初日からこの日まで全力で支援してもらったことが頭をめぐり、急に熱いものが込み上げてしまったのは誰にも言いません、が書いてしまいました(笑)

f:id:UrDocJapan:20200410012801j:plain

f:id:UrDocJapan:20200410013423j:plain

f:id:UrDocJapan:20200410012800j:plain

f:id:UrDocJapan:20200410013430j:plain

ASACのみなさま、本当にありがとうございました!

おわりに 

約半年間に渡り「爆速!」をテーマに全力疾走したASACを振り返ってみましたが、今言えることは、「ASACを通して、また一歩成長できた」ということです。徹底的にコミットしてくれたASACの皆様には感謝しかありません。
シードスタートアップ起業家の方で、成長の場を求められている方はASAC本当におすすめです。「求め、やりきる覚悟があれば、与えられる」場所です。
ユアドクに関わる全ての人が、本気でユアドクに向き合ってくれたからこそ、無事に走りきることができました。約半年間に渡るASACでの時間は、UrDocにとっても、私個人にとっても大きな学びと実践の場となり、素晴らしい仲間に出会えた時間となりました。改めてこの場をお借りして感謝を申し上げます。


Thank you soooo much ASAC! 

 

そんなUrDocの成長の機会となったASACは現在第10期を募集しています。

締切は4/20、オンライン説明会も開催されているようですので、ご興味のある方はぜひ!

acceleration.tokyo.jp

P.S.  受賞後、UrDoc UI/UXデザイナーのメンバーのツイートを見てさらに涙

【UrDocの未来を考える】アロハ会議開催のご報告

 f:id:UrDocJapan:20190816105322j:plain

 

ご無沙汰しております!インターンの鈴木雅子です。

先日UrDoc史に名を残す「第1回アロハ会議」が開催されましたので、そちらの様子をブログにまとめました!アロハ会議とは、「UrDocの未来について海でも見ながら語ろう」がコンセプトのオフサイトミーティングです。UrDocのチームの明るさ、仕事にかける熱意、そして仲の良さが大きく発揮された会議となりましたので、是非お読みください。

 

アロハ会議が生まれた背景

f:id:UrDocJapan:20190816102809j:plain

UrDocのオフィスから見える風景

 

7月某日、プロダクトの開発が思うように進まず落ち込んでいたUrDoc。そんなUrDocメンバーの使うコミュニケーションアプリに「アロハ会議」という名前のグループチャットが追加されました。多少沈んだ雰囲気の残るUrDocに新しい風を吹き込むような、なんともユニークなグループ名ですが、その名前には深い理由があるそうで。アロハ会議という名前は、海でも見ながらUrDocの現状を整理しつつ、次の一歩に向けて考えようといった意味で付けられたそうです。(ハワイはUrDocの唐橋代表がハネムーンで訪れた地でもあり、それくらいチームにとって大切な会議にしたいとの意味も込められているそうです。)

 

会議が行われるにあたって

会議の時間を効率的に活用するため、会議前の1週間を使ってビジネスを担当する方のみのミーティングからエンジニアの方々を含めたミーティングまで様々な話し合いが行われました。ジャベリンボードを使用して私たちの顧客・その人たちの抱える問題と私たちが考える解決策を改めて言語化しました。ジャベリンボードとはブレインストーミングから顧客・問題・解決策そして仮説を洗い出すフレームワークです。ブログの最後にURLを参考までに貼っておりますので、興味のある方は是非ご参照ください。ジャベリンボードを元に仮説を考え進めていくことで新サービスを開発するにあたってどのような機能をつけたいか最終的に議論しました。

また、未来のことのみならず現段階で現行のアプリの抱える問題にどう対応するのかも話し合ったりしました。

 

f:id:UrDocJapan:20190816110845j:plain

UrDocの使用した巨大ジャベリンボード

 

それに加え、インターンズは事前準備として会議のしおり作成係に選出していただきました!インターンの忍田とともにどうやって真面目に、しかし同時に面白くできるかを考え、参加メンバー欄に「Fun Fact」という要素を追加しました。UrDocメンバーも知らないようなあなたの面白い情報を教えてくださいとお願いをして、皆さんにお答えいただきました。プロダクトマネージャーである高山さんの好きなものと嫌いなものが代表と真逆だったり、蜘蛛が嫌いすぎて蜘蛛を検知する能力が身についたメンバーがいたり、とFun Factでお互いをより深く知ることができました。

 

f:id:UrDocJapan:20190816110032j:plain

私たちの作成したしおり

 

いよいよ当日

f:id:UrDocJapan:20190816110531j:plain

代表によるオリエンテーションで幕開け


アロハ会議は恵比寿駅の近くにあるSpace Gorillaにて、総勢8名で行われました。いつものオフィスよりも大きく開放感のある新しい会議室でしたが、少々入り組んだところにあったため道に迷った方も数名いらっしゃいました。(笑)とはいえ、無事に唐橋代表によるオリエンテーションでKick-offされました!30分のKick-offオリエンでは今回の会議の背景や趣旨のみならず、UrDoc内で直近1ヶ月で起こったイベントの振り返りも述べられました。最後は事前に受けていた「16Personalities」という性格診断テスト結果を元に改めて自己紹介・最近の新しいことやよかったことと共に今日の意気込みを個人個人が発表し、作業が始まりました。

ちなみに、性格診断の結果は個性がよく出ており、代表が「起業家」で残るメンバーも「主人公」や「論理学者」など誰一人被ることなく、バラエティに富んだものとなっておりました。

 

<当日のタイムテーブル>

10:00~10:30 代表によるオリエンテーション

10:30~13:00 MTGとプロトタイプ作成

13:00~13:30 お昼ご飯

13:30~16:30 プロトタイプ作成続き+仕上げ

17:00~     ビアガーデンで乾杯!

 

切磋琢磨のチーム対抗戦(?)

この会議終了時の目標がプロトタイプの作成を完了することでした。作業予定時間も長くはなく、翌日にはユーザーインタビューをする予定がありましたので、効率重視のためプロトタイプ作成を機能別にチームごとに行いました。各チーム名は「えだまりこ」と「とうもりこ」。作業時にそのチームが食べていたお菓子の名前から付けられました。対抗戦ではなかったのですが、両者とも「我がチームこそが向こうのチームを圧倒してやる」といったやる気を感じさせるほど、作業場は熱気に包まれておりました。お互いのチームが最後には成果を見せ合い、より良いプロトタイプにするために意見交換と修正が行われました。

 

f:id:UrDocJapan:20190816110204j:plain

お昼はUber Eatsでメキシコ料理!

 

ついでながら、私(鈴木)はタイムキーパーに任命されたのですが、適当な性格が裏目に出てしまい休憩時間を無自覚にずらしたりしてしまいました。UrDocメンバーの皆さんご迷惑おかけしました。(笑)しかし、持ち前の他人の話を遮られる力と物怖じしない性格によって社員の方々が熱い議論を繰り広げる中タイムキーパーとしての役割はなんとか果たすことができました。

 

シメはやっぱり

f:id:UrDocJapan:20190816110358j:plain

アロハ会議の後に最高の1杯

 

17時前に作業を終わらせ、私たちが赴いたのは恵比寿ガーデンプレイス。1日の最後はビヤステーションで美味しい飲み物で乾杯!真夏に似合う、とっても美味しいビールをいただきました!皆さんと普段はできないような会話もできて、とても楽しいひと時となりました。お腹がいっぱいになるまで、美味しいものをたくさんご馳走になりました。

 

アロハ会議を通して…

アロハ会議前の1週間からアロハ会議を通して、UrDocというサービスをチーム全員でもう一度見直すような期間となりました。脳には負荷のかかる週間となりましたが、考え直すことによって新しく見えた可能性がたくさんあり、ビジネスとしての秘められた可能性をまた新たに感じました。また、会議終了までにプロトタイプを完成させるという目標を達成するのみならず、チームの仲間意識もより深まり、とてもいいオフサイト会議となりました。(追伸:第2回の開催も検討中だそうです。乞うご期待です。)

そして何よりも、インターンという立場ながらにこのような大切な会議に参加させていただけたことをとても嬉しく思います。チームの皆さんありがとうございました。 

 

このブログを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

* * *

 

ジャベリンボードの参考ブログはこちらから:

https://medium.com/design-lab/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%81%A7%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B-%E4%BB%AE%E8%AA%AC%E7%AE%A1%E7%90%86-5827f1e91816

 

チームメンバーを深く知るのに大活躍した16Personalitiesはこちら:

https://www.16personalities.com/ja

米国大学生インターンズが書く! イベント体験記【国際モダンホスピタルショウ2019】

 

f:id:UrDocJapan:20190808170431j:plain

 

こんにちは。UrDocインターンの鈴木雅子(写真前列右)と忍田ほづみ(写真前列中)です。

題にありますように、2人とも普段はアメリカの大学で大学生をしておりますが一時帰国を利用して現在はUrDocでインターンをしております。鈴木はアメリカの中部にある大学に、忍田はアメリカ西部にある大学に正規留学生として通っております。UrDocにインターンを応募した理由は両者様々ではありますが、2人ともに共通しているのは海外で生活をしているからこそ、医療における言語や文化の大きな壁を感じることがあり、そういった壁を無くしていくサービスであるUrDocの必要性を日々身に染みて感じているからです。(詳しい私たちの自己紹介は私たちのインターン体験記公開までお待ちください!)

さて、先日SNSでも出展報告をさせていただいた「国際モダンホスピタルショウ2019」。7月17日(水)から19日(金)に東京ビッグサイトで行われた展示会の参加記録を、インターン目線でブログにまとめました。ぜひ、お気軽にお読みください。

 

国際モダンホスピタルショウとは 

f:id:UrDocJapan:20190806163902j:plain

 

国際モダンホスピタルショウとは、一般社団法人日本病院会/一般社団法人日本経営協会が主催する保健・医療・福祉分野における国内最大規模の展示会です。このイベントを通して、保健・医療・福祉分野で最新情報の発信や情報交流を行うことにより、医療全般のサービスやシステムの向上を目指しているそうです。

続きを読む

インターン体験記 — 自分の提案が目の前で実装されていく現場で「事業」を学ぶ

f:id:UrDocJapan:20190401165430j:plain

 

はじめまして。九州大学医学部5年の福島孝紘(ふくしま・たかひろ)と申します。

学生インターンとしてUrDocで2週間働かせていただいたので、その体験をブログの記事としてまとめてみようと思います。大まかな内容は以下の通りです。

  • インターンをすることになったきっかけ
  • 実際の仕事の内容
  • 感じたこと、学んだこと

短い文章ではありますが、UrDocに興味を持っている方やこれからインターンをしてみようと考えているやる気のある学生さんに、何かお役に立てれば幸いです。

続きを読む

サービス紹介用の医師の写真が「イケメン」であることの功罪について

f:id:UrDocJapan:20190119160029j:plain

 

新年早々のインフルエンザでITの力を再認識

 

約2ヵ月ぶりの、そして今年に入ってから初めてのブログ更新です。

実はこれを書いているいま、UrDocの常勤メンバー5人のうち2人がインフルエンザで出勤停止中です。私(高山)もその1人で、ある程度症状が落ち着いてからはslackやskype等でチームに参加してます。

続きを読む